糖尿病1週間教育入院

ご案内

糖尿病患者様の教育と合併症精査を目的とし、1週間教育入院を2005年11月より始めました。1クールに2人ずつで、毎月第1、3火曜日入院の翌週火曜日退院です。(実質8日間。ただしその週の間に祝日が入る場合は、翌週にずれます。)表の様なスケジュールで、医師、看護師、栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士による講義と合併症精査のための検査が行われます。

新たに糖尿病と診断された患者様や、これまでに入院経験がなくきっちりと教育を受けておられない方、またインスリン導入が必要だが長期入院の難しい方に対し、是非ご利用ください。ただし、原則1週間で必ず退院していただきますので、血糖コントロール不良で、入院によってきっちりコントロールをとお考えの患者様に対しては、従来どおりの3週間前後の入院をお勧めします。(例えば悪性腫瘍などが発見されたとしても、原則として一度は退院していただきます。)

主治医の先生からのお申し込みは病診連携室へお電話いただければ、その場で入院日が決定できます。是非ご利用ください(Tel:0749-68-3314)。

適応の例

  • 新しく健診等で糖尿病を指摘された方
  • 栄養指導を受けたことがない方
  • 眼底検査を受けたことがない方
  • 虚血性心疾患や脳血管障害の家族歴の濃厚な方

適応にならない例

  • HbA1c 8.0%以上など、血糖コントロール不良例
  • 整形外科疾患など他疾患もついでに診てほしいという方
  • 認知障害のある方 など