糖尿病・内分泌内科

休診・代診のお知らせ

急な都合による休診情報は掲載できない場合がありますので、ご了承ください。
月日 担当医 休診 代診
1/04 (木) 牧野和彦 休診

スタッフ

部長(兼)副院長

江川 克哉

昭和62年卒

日本糖尿病学会指導医・専門医
日本内科学会認定内科医
日本医師会認定産業医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医

副部長(兼)検査部長(兼)救急科部副部長

児玉 憲一

平成9年卒

日本糖尿病学会指導医・専門医
日本内分泌学会専門医
日本内科学会総合内科専門医
日本甲状腺学会専門医
日本医師会認定産業医

医師

川原 良介

平成26年卒
医師

坂田 瑞稀

平成27年卒
医師(非常勤)

牧野 和彦

昭和53年卒

日本内科学会認定内科医
日本糖尿病学会専門医
日本内分泌学会専門医
日本内分泌学会評議員
日本臨床検査医学会専門医
日本抗加齢医学会専門医
日本禁煙学会専門医
日本体育協会公認スポーツドクター
日本アンチ・ドーピング機構認定シニアDCO
日本医師会健康スポーツ医
日本医師会認定産業医
キレーション療法認定医
THP健康測定研修修了医師

認定施設

  • 日本糖尿病学会認定教育施設

担当医表

診療室
8診江川克哉
インスリン専門外来
【予約制】
江川克哉
【午前】
江川克哉
【午後】
牧野和彦
【午前】
江川克哉
10診坂田瑞稀
【午前】
児玉憲一川原良介
【午前】
児玉憲一
甲状腺
【午後予約制】
児玉憲一
インスリン専門外来
【午後予約制】
川原良介
【午後】

概要

内分泌代謝内科の90%以上の患者さんは糖尿病です。看護師、栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士(糖尿病療養指導師の有資格者を含む)と力を合わせて、チーム医療で診療に当たっています。看護専門外来も始まり、よりきめの細かい指導を目指しています。さらに高脂血症、甲状腺疾患、下垂体疾患、副腎疾患などの病気の治療を行っています。

基本方針

わが国の糖尿病患者数は年々増え続け、今や40歳以上の日本人の5人に1人は糖尿病という時代です。糖尿病は生活習慣病と呼ばれるように、糖尿病の体質を持っている人に、良くない生活習慣が重なって発症します。したがって、その治療のほとんどすべては、生活習慣の改善(適切な食事と運動)ということになります。

しかし、自分にとって適切な食事とは、適切な運動量とはどのようなものか、なかなかピンと来なかったり、判っていてもなかなか実践できなかったりします。我々スタッフ一同は、患者さんが将来糖尿病合併症で不自由な思いを少しでもしないですむように、協力してアドバイス、支援できるようがんばっています。

内分泌疾患で最も多いのは甲状腺疾患です。甲状腺機能亢進症(バセドウ氏病)、甲状腺機能低下症(橋本病)、亜急性甲状腺炎などの薬物治療を中心に診療しています。