訪問看護ステーション

理念・基本方針

理念

人道・博愛の赤十字精神にのっとり、「その人らしく」「自分らしく」生きることができるように豊かな感性とやさしさをもって生活に寄り添うケアを提供します。

基本方針

  1. 私たちは、利用者が主体性をもって健康の自己管理と必要な資源を活用し生活の質を高めることができるよう支援します。
  2. 私たちは、利用者が健康の保持・増進・回復及び生活機能の向上を図り、疾病や障がいの影響を最小限にとどめることができるよう支援します。
  3. 私たちは、利用者が安らかな終末期を過ごせるよう支援します。
  4. 私たちは、地域の保健・医療・福祉との綿密な連携を図り総合的なサービス提供に努めます。
  5. 私たちは、守秘義務を遵守します。
  6. 私たちは、質の高いサービスを提供するために、常に専門職として研鑽に努めます。

スタッフ

当訪問看護ステーションは看護師、理学療法士、事務員が従事しています。看護師と理学療法士は互いに連携をとり、お一人おひとりの療養生活を支えるケアを提供いたします。

ケアの内容

  1. 病状の観察(心身の状態、血圧・体温・脈拍などの観察)
  2. 療養上のお世話(身体の清潔、食事や排泄などの介助や指導)
  3. 医師の指示による医療処置
  4. 医療機器の管理(在宅酸素、在宅での点滴注射、人工呼吸器などの管理)
  5. ターミナルケア(終末期なども住み慣れた家で過ごせるようにケアを提供、看取りも支援します
  6. 在宅でのリハビリテーション(拘縮予防や機能の回復訓練、嚥下訓練等)
  7. 床ずれの予防・処置(床ずれ防止の指導、手当て等)
  8. 認知症のケア(認知症介護の相談・工夫をアドバイス)
  9. 介護予防など(運動機能低下を防ぐアドバイスなど)
  10. ご家族等への介護支援・相談(介護方法の指導やさまざまな相談対応)