神経内科

休診・代診のお知らせ

急な都合による休診情報は掲載できない場合がありますので、ご了承ください。
月日 担当医 休診 代診
12/28 (木) 平居昭紀 午後休診

スタッフ

部長

平居 昭紀

平成5年卒

日本神経学会指導医・専門医
日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会認定医制度研修指導医
認知症サポート医(国立長寿医療センター)

医師(非常勤)

谷岡 洸介

平成15年卒
医師(非常勤)

小川 暢弘

平成16年卒

日本神経学会指導医・専門医
日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会認定医制度研修指導医

医師(非常勤)

丸浜 伸一朗

平成17年卒

日本神経学会専門医
日本内科学会認定内科医

認定施設

  • 日本神経学会専門医教育関連施設

担当医表

診察室
11診平居昭紀
地域連携紹介
【午前予約制】
小川暢弘
【予約制】
平居昭紀
【予約制】
丸濱伸一朗
地域連携紹介
【予約制】
(隔週)

谷岡洸介
地域連携紹介
【予約制】
(隔週)

神経内科の受診には、診療所または他の病院からの紹介予約が必要です。急性発症の方は、救命救急センターを受診してください。

概要

脳、脊髄、末梢神経、骨格筋などに起こる病気は、意識障害やけいれんを起こす髄膜脳炎、麻痺や言語障害が突然出現する脳梗塞や脳出血、振るえや動作緩慢など運動機能や歩行の障害が緩徐に進行するパーキンソン病に代表される神経難病、アルツハイマー病をはじめとする認知症性疾患、運動神経が選択的に侵され筋萎縮や筋力低下を呈する運動ニューロン疾患、多発性筋炎や筋ジストロフィー症などの筋疾患、手足のしびれや痛みなどの感覚障害や筋萎縮を起こす末梢神経障害など扱う疾患は多岐に及びます。脳梗塞とパーキンソン病、糖尿病性神経障害は受診されている患者数が多いことから、診療の中心として位置づけています。神経内科疾患は、精神科、脳神経外科、眼科、耳鼻咽喉科などの疾患とも重なり合うところが多く、他科と協力して診療を行っています。