精神科

休診・代診のお知らせ

スタッフ

神経科部長

金井 裕彦

平成1年卒

精神保健指定医
日本精神神経学会指導医・専門医
日本総合病院精神医学会一般病院連携精神医学特定指導医
滋賀医科大学客員准教授

精神科部長

中村 英樹

平成10年卒

精神保健指定医
精神保健判定医
日本精神神経学会指導医・専門医
認知症相談医・サポート医

小児精神科部長

沖野 剛志

平成13年卒

精神保健指定医
精神保健判定医
日本精神神経学会指導医・専門医

精神科部副部長

藤村 俊雅

平成15年卒

精神保健指定医
日本精神神経学会指導医・専門医
日本医師会認定産業医

医師

中林 孝夫

平成23年卒
医師(非常勤)

眞田 陸

平成22年卒
精神保健指定医
日本精神神経学会専門医
医師(非常勤)

角 幸頼

平成25年卒

認定施設

  • 日本精神神経学会精神科専門医制度研修施設
  • 日本総合病院精神医学会一般病院連携精神医学専門医特定研修施設

担当医表

診察室

1診

藤村俊雅

中林 孝夫

藤村俊雅

中村英樹

藤村俊雅

2診

中村英樹

西 泰孝

金井裕彦

眞田 陸
児童外来

金井裕彦

3診

沖野剛志

中村英樹

沖野剛志

沖野剛志
児童外来
(午後・再診)

中林 孝夫

4診

沖野・眞田
児童外来
(午前・初診)

物忘れ看護相談
(医師の指示による)

初診の方は完全予約制です。

概要

初診の方は完全予約制です。

私たちは患者さんに開放的に対応することを早くから大事にしてきました。閉鎖病棟でも可能な限り外出を自由にしてもらうようにしています。そして入院期間を出来るだけ短くするようにしています。

最も大事にしていることは、患者さんの訴えに耳を傾けることです。そのことで患者さんの心がやすらぎ、人に対する信頼を取り戻して、本来持っている健康なこころを回復するでしょう。

多くの方々は休養と混乱したこころのもつれをときほぐすことで、また社会生活に戻れることが多いのです。その援助をすることが私たちの役割です。

主体は患者さんであり、その主体の回復を援助する脇役が私達である、と私たちは考えています。

年齢は児童から高齢者まで、病気の種類は精神病から軽症うつ病や軽い不安まで、あらゆるニーズに対応できるように用意をしています。

また一般病院の中にあるために身体疾患も各分野の専門家と協力して診療にあたれます。

精神科病棟 : 70床 (9東病棟 40床 ・ 9西病棟 30床)

医師 6名(非常勤1名)
看護師 51名(13対1看護)
臨床心理技術者 2名
精神保健福祉士 1名
外来・デイケア・作業療法スタッフ
看護師 6名
作業療法士 3名

児童外来

診療日時は?

毎週月曜日・午後(予約制)

何処で?

長浜赤十字病院 精神科 外来

相談、治療の対象は?

児童外来は、幼児期から中学生以下の方が対象です。

児童の心の問題は、様々な形で現れます。不登校などの行動面、腹痛・頭痛・ふらつきなどの身体面、怒りっぽくなったり急に泣き出したりという情緒的な不安定さ、夜ぐっすり眠れない。いろいろな形でサインを出し、心の危機を表現します。

こども達の心の問題は、本人のみを苦しめるのではなく、両親をはじめ周りの人々にも不安や焦りを生じさせます。周りの不安や焦りは、こども達を不安にさせます。そういった悪循環は断ち切るのは困難で、手探りで試行錯誤を繰り返しても思うように改善しないことが多いようです。こども達の心の問題を整理し解決していくきっかけに、当科を受診して下さい。

どんな治療を?

治療は決まった形で対応してすぐに良くなるものではありません。心理検査、発達検査を用いるなどして症状の見立てを行い、児童の症状に合わせて、精神療法、臨床心理士によるカウンセリング、薬物療法、箱庭療法、絵画療法、などを行います。

情報リンク

診療案内の他、臨床研修や研究内容について紹介されています。