小児科

休診・代診のお知らせ

スタッフ

副院長(兼)小児科部長(兼)リハビリテーション科部副部長(兼)言語聴覚課長

成宮 正朗

昭和62年卒

日本小児科学会専門医
日本アレルギー学会専門医

新生児科部長

山本 正仁

平成14年卒

日本小児科学会専門医/認定指導医
日本周産期・新生児医学会周産期専門医(新生児)指導医
日本アレルギー学会専門医
臨床遺伝専門医
日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
BLSインストラクター
PALSインストラクター

小児科部副部長

安齋 祐子

平成13年卒

日本小児科学会指導医・専門医
日本アレルギー学会専門医

小児科部副部長

清水 恭代

平成15年卒

日本小児科学会専門医/認定指導医
日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法「専門」コースインストラクター

新生児科部副部長

小豆澤 敬幸

平成19年卒

日本小児科学会専門医/認定指導医
日本周産期・新生児医学会周産期専門医(新生児)
日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法「専門」コースインストラクター

医師

髙橋 俊恵

平成19年卒

日本小児科学会専門医

医師

大島 理利

平成26年卒
医師

小川 詩季

平成27年卒
医師

傍島 宏貴

平成27年卒
医師

森 和徳

平成28年卒
医師

榎本 早也香

平成28年卒
医師

大島 真衣

平成30年卒
医師(非常勤)

桑原 直樹

昭和62年卒
医師(非常勤)

澤井 俊宏

平成11年卒
医師(非常勤)

松井 克之

平成11年卒

日本小児科学会専門医/認定指導医
日本内分泌学会内分泌代謝科(小児科)専門医
日本内分泌学会内分泌代謝科(小児科)指導医
臨床遺伝専門医
日本糖尿病学会専門医

医師(非常勤)

底田 辰之

平成13年卒

日本小児科学会小児科専門医

日本小児神経学会小児神経専門医

日本てんかん学会専門医

医師(非常勤)

藤田 聖実

平成22年卒

日本小児科学会専門医

認定施設

  • 日本小児科学会専門医研修施設
  • 日本周産期・新生児学会周産期(新生児)専門医指定研修施設
  • 一般社団法人日本アレルギー学会アレルギー専門医準教育研修施設

担当医表

診察室
午前
1診
成宮 正朗清水 恭代
(第1・3・5)
大島 理利
(第2・4)
清水 恭代小豆澤 敬幸成宮 正朗
(第1・3・5)
安齋 祐子
(第2・4)
午前
2診
底田 辰之
(神経外来)
第1・4週
松井 克之
(内分泌)
午前
3診
第2週
桑原 直樹
(10:00~)
(循環器)
底田 辰之
(月1回不定期)
(神経外来)
午前
4診
午前
5診
安齋 祐子
感染症外来
小川 誌季
(第1・3・5)
清水 恭代
(第2・4)
感染症外来
森 和徳
(第1・3・5)
榎本 早也香
(第2・4)
感染症外来
傍島 宏貴
(第1・3・5)
清水 恭代
(第2・4)
感染症外来
安齋 祐子
(第1・3・5)
成宮 正朗
(第2・4)
感染症外来
午後
1診
山本 正仁
フォローアップ
小豆澤 敬幸
フォローアップ
成宮 正朗
(アレルギー)
フォローアップ
安齋 祐子
(アレルギー)
フォローアップ
清水 恭代
フォローアップ
午後
2診
髙橋 俊恵
フォローアップ
狭川 浩規
(循環器)
第2週
桑原 直樹
(循環器)
不定期
澤井 俊宏
(腎臓)
午後
3診
乳児健診森 和徳
フォローアップ
山本 正仁
フォローアップ
小川 詩季
フォローアップ
乳児健診
午後
4診
榎本 早也香
フォローアップ
午後
5診
大島 真衣
フォローアップ
予防接種
※1
※2
傍島 宏貴
フォローアップ
予防接種
※3(第2を除く)
大島 理利
フォローアップ

午前の感染症外来については、熱がある方(現在ないが昨日あった等)は、問診表記入後4・5診待合室にてお待ち下さい。

午後は専門外来完全予約制

診察開始時間: 午後2時より

予防接種

※1:

火曜日 15:00~ ヒブ、肺炎球菌、四種混合、ロタウイルス、不活化ポリオ、B型肝炎

※2:

火曜日 14:00~ シナジス

※3:

木曜日(第2週を除く) 15:00~ 麻疹・風疹混合、水痘、おたふく、BCG、二種混合、日本脳炎、子宮頚部癌 ※BCGについては14:30~

予防接種御希望の方は、小児科外来受付にて御相談ください。

概要

小児科は、平成31年1月現在、常勤医師11名(専門医6名)と非常勤医師5名での診療体制をとっております。

小児科の特徴

小児科は子どもを幅広くみることを目標にしており、発熱、咳嗽、腹痛などの急性疾患だけでなく、色々な慢性疾患から子育て支援、在宅医療にも取り組んでいます。その中での当院小児科の特徴としては、救急医療、新生児医療、アレルギー診療があげられます。

救急医療では救命救急センターがあることもあり、一次救急から三次救急まで年間7,000人前後の救急患者に対応しています。PALS(小児二次救命処置)インストラクターを中心に小児救急医療の普及を目指した取り組みも行っています。

新生児医療では地域周産期母子医療センターの指定を受けており、病的新生児や母体搬送の受入に365日24時間体制で対応しています。湖北・湖東地域だけでなく、県内各地から多くの新生児・母体搬送を受け入れており、1,000g未満の超低出生体重児をはじめとする病的新生児を年間300例診療しています。設備としても7台の人工呼吸器をはじめ、脳低温療法、一酸化窒素吸入療法など最新の新生児医療を行うべき環境を整えています。

アレルギー診療では日本アレルギー学会準教育施設でもあり、ガイドラインに準じた診療を行っています。特に食物アレルギーでは経口食物負荷試験を年間約150~200例行い、食物アレルギーの経口免疫療法も行っています。また、アレルギー性鼻炎に対するダニやスギ花粉の舌下免疫療法も行っています。その他の特徴として、児童精神科があることもあり、神経性無食欲症などの心身医学的な側面を持つ子どもの入院治療にも取り組んでいます。

外来について

午前外来は感染症などの急性疾患を中心に診療しています。午後外来は基本的に定期外来が必要な疾患に対応しています。そのため、午前外来は当日の受付が可能ですが、午後外来は前日までの予約制となっています。未熟児など免疫力が弱いお子さんが午後外来に受診されるので、発熱や嘔吐などの急性症状があるお子さんは、午後外来の受診を原則としてお断りしています。そのほか、予防接種、乳児検診も予約制で行っています。

お子さん一人あたりの診療時間を、午前外来・午後外来ともに約10分とれるようにしており、お話がしやすい外来を目指しています。専門外来として、神経疾患、循環器疾患、腎疾患、内分泌疾患については、滋賀医大小児科の協力の下、専門医による外来を設けています。