消化器内科

休診・代診のお知らせ

スタッフ

第一消化器内科部長(兼)健診部長   (兼)血液内科部副部長(兼)消化器内視鏡センター長

駒井 康伸

昭和61年卒

日本消化器病学会指導医・専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本人間ドック学会認定医
日本胆道学会認定指導医

第二消化器内科部長

馬場 弘道

平成10年卒

日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本医師会認定産業医
日本内科学会総合内科専門医
日本人間ドック学会認定医

第三消化器内科部部長

田辺 浩喜

平成10年卒

日本消化器内視鏡学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本医師会認定産業医
日本内科学会総合内科専門医
日本人間ドック学会認定医

医師

井上 博登

平成23年卒

日本内科学会認定内科医

医師

新谷 修平

平成24年卒

日本内科学会認定内科医

医師

佐藤 祐斗

平成25年卒
医師

横田 佳大

平成26年卒
医師(非常勤)

土井 久和

平成3年卒

AASLD(米国肝臓学会)International Membership
ILCA(国際肝癌学会)Membership

医師(非常勤)

日髙 健太郎

平成16年卒

日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本内科学会認定内科医

医師(非常勤)

谷口 真理子

平成19年卒
医師(非常勤)

中田 俊朗

平成23年卒

日本内科学会認定内科医

認定施設

  • 日本消化器病学会専門医制度認定施設
  • 日本消化器内視鏡学会指導施設

担当医表

診察室
1診土井久和
【午前予約制】
消化器・肝臓
駒井康伸
消化器・肝臓
馬場弘道
消化器・肝臓
駒井康伸馬場弘道
2診田辺浩喜
消化器・肝臓
佐藤祐斗井上博登田辺浩喜
消化器・肝臓
佐藤祐斗
3診井上博登
【午前】
横田佳大横田佳大
【午前】
新谷修平
【午前】
5診新谷修平

概要

消化器科では、上記のメンバーで消化器疾患の診療を行っています。

消化器疾患、つまりお腹の病気は極めて一般的な病気であり、胃や大腸を中心とした消化管領域、肝臓領域、膵胆道系領域とその種類も多岐にわたります。

当科ではその全ての領域において迅速に対応できる体制をとり、患者様の立場に立ち、患者様のQOL(quality of life)を大切にする医療を目指し、日々の診療にあたっています。

胃、十二指腸潰瘍や胃食道静脈瘤破裂などによる吐血、下血や大腸炎、大腸憩室出血などによる消化管出血、腹痛、黄疸、発熱などの急性膵炎や総胆管結石による急性胆管炎などで受診された患者様には医師、看護師の待期番制度により24時間365日迅速に対応可能な体制を整えています。

平成25年度の検査件数は上部消化管内視鏡検査6.197件(止血術、ESD:内視鏡的粘膜下層剥離術など内視鏡処置を含む)、下部消化管内視鏡検査2.822件(EMR:内視鏡的粘膜切除術、大腸ポリペクトミー、止血術など含む)を行っています。当科では悪性腫瘍を扱う機会が多く、その発見時期による患者様の生命予後への影響の大きさを常日頃より痛感しているため、内視鏡治療にて根治が可能である早期がん(胃、食道、大腸)の発見率の向上を目指しNBI(狭帯域光観察)やEUS(超音波内視鏡)などを用いて精度の高い内視鏡診断を心がけ、早期治療を基本的な診療姿勢とし、積極的に検査を施行しています。

進行した消化器がんの患者様につきましても、それぞれの患者様の病状を把握して外科的手術治療適応の有無を判断します。また、抗癌剤による化学療法や放射線療法なども施行しており、病状に応じて最適な抗癌剤を選択し、より優れた治療効果と副作用のコントロールを行えるよう努力しています。

膵胆道系疾患においてもERCP:内視鏡的逆行性胆膵管造影などで造影、細胞診。組織診、超音波内視鏡などを用いて(平成25年度292件)的確な診断・治療を心がけています。

胆管結石に対しては内視鏡的治療を第一選択とし、悪性疾患による胆道狭窄に対しても胆管ステント挿入といった内視鏡的ドレナージ術を行うなど、患者様の症状の早期緩和を目指した医療を行っています。

慢性ウイルス性肝炎に対しては、インターフェロンをはじめとする抗ウイルス療法を行っており、ウイルス排除や発癌抑制に対して優れた効果を得ています。

また、肝細胞がんの患者様にはラジオ波焼灼術や肝動脈塞栓療法など、進行肝細胞がんの患者様には肝動注化学療法を含む集学的治療などを行っています。また、ラジオ波焼灼術は転移性肝がんにも施行しています。

消化器科の担当する分野は広く、疾患も多くありますが、個々の患者様に一番適切な治療法は何かを考え、より良い治療が提供できるよう常に心がけています。

当院における内視鏡件数 (平成25年1月~12月)

上部消化管内視鏡検査 6,197件
止血術 80件
胃粘膜切除術(EMR) 10件
胃粘膜下層剥離術(ESD) 50件
超音波内視鏡検査(EUS) 32件
超音波下穿刺生検(EUS-FNA) 2件
食道・胃静脈瘤治療(EIS) 35件
食道・胃静脈瘤治療(EVL) 1件
食道・胃静脈瘤治療(S-Bチューブ挿入) 4件
胃ろう造設(PEG) 22件
胃ろう交換 101件
拡張術 43件
イレウス管挿入 20件
異物除去術 19件
食道ステント留置 1件
十二指腸ステント留置 4件
下部消化管内視鏡検査 2,822件
止血術 28件
ポリペクトミー 69件
EMR 553件
ESD 2件
EUS 6件
ステント留置 10件
イレウスチューブ留置 5件
術前マーキング 27件
異物除去術 3件
整復術 3件
拡張術 2件
内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP) 292件
ERBD(胆管プラスチックステント留置) 155件
ERBDチューブ交換 12件
胆管金属ステント留置 24件
結石砕石術 75件
EST(十二指腸乳頭切開術) 59件
EPBD(十二指腸乳頭拡張術) 9件
膵管ステント(交換含む) 21件