臨床工学技術課

概要

臨床工学室とはME(Medical Electronics:医療器械)の整備、管理を行う部署です。

病院内には体温計のような小さな器械から、呼吸を助ける人工呼吸器、また手術支援ロボット等、多種多様な医療機器があります。これらの医療機器を正常且つ安全に使用出来るよう、日常的に機器点検を行い患者さまの安全、安心に努めています。

また、近年では在宅で医療機器を使用されている患者さまの機器をモニタリング出来る機器も増えています。ペースメーカーなどもその一つで、当課にてモニタリングを行い、異常の早期発見につなげています。

手術室、内視鏡室、血管造影室、透析室など多くの医療機器を使用する部署では、当課スタッフが常駐し、機器類の使用前点検や操作補助など、チーム医療の一旦を担い、日頃の治療や検査がスムーズに行えるように努めています。

スタッフ

臨床工学技士 7名

認定資格一覧

認定資格 取得者数
呼吸療法士 1
透析技術認定士 1
ITE認定技士 1

手術室

手術室

手術支援ロボット(ダ・ヴィンチ)や手術用ナビゲーションシステムなど、多くの先端医療機器が使用されるので、点検、セッティングを日々行っています。

血管造影室

心筋梗塞の治療やペースメーカー植込み手術、アブレーション手術などの不整脈治療において、機器の操作を行いチーム医療の一旦を担っています。

血液浄化療法

間歇的血液透析濾過、持続緩徐式血液濾過透析、白血球除去療法、腹水濾過濃縮再静注法など、各種血液浄化を行っています。
緊急を要する場合も多くありますので、24時間これらの治療に対応しています。