病理部

スタッフ

部長

行岡 直哉

昭和60年卒

日本病理学会専門医
日本臨床細胞学会専門医
日本臨床検査医学会管理医

概要

本院では、胃癌や大腸癌の手術が毎日行われています。摘出された臓器は、写真撮影と組織検査ののち、数年間大事に保存されますが、人間の体から子宮や胃などを摘出したり、抗癌剤や消炎剤で治療するには、まず患者さん一人一人への理由説明が必要です。その理由が臨床診断で、みなさんが受診される医師は、視診や触診、聴診などで細心の注意を払い、必要に応じて画像診断や検体検査、生理検査などを利用し、最終的な臨床診断を決めています。

病理部は、その検体検査の一部を担当しています。メスや内視鏡などで採取された組織やポリ-プ、イボ、分泌物や尿を顕微鏡で観察し、体を構成する細胞の異常や細菌などの異物をチェックします。顕微鏡で大きく拡大しますと正常細胞には正常な姿・形が、癌細胞には癌細胞の顔があり、形態や色の変化を詳細に分析することで、良性腫瘍か悪性腫瘍、または腫瘍類似病変や炎症などに分類できます。判断に困る細胞も少なくありませんが、当院では、病理専門医と細胞検査士がこれらの業務を担当し、日々研鑽を重ね、病気の本質や状態を把握して、詳細な情報を各診療科の先生方に提供しています。