看護部紹介

看護部長メッセージ

 看護部長

 長浜赤十字病院看護部では「人間のいのちと健康、尊厳を守る」の赤十字の使命のもと、「やさしさをかたちに」を合い言葉に看護を実践しています。

 日々のどのような場面においても、その人の尊厳を守り「やさしさ」を具現化した看護を提供していきたいと考えています。

 常に寄り添い、患者さん・ご家族が大事に思われている価値を尊重し、病気という辛い体験の中にも望みや希望を支え「その人らしさ」を大切にできる看護、ケアを通じて「看護者から大切にされている」と感じていただける安心で信頼される看護を提供していきたいと思います。

 継続教育については「赤十字医療施設の看護実践能力向上のためのキャリア開発ラダー」を基盤に、学びや成長を支えあう組織、「ひとも自分も大切にする」を念頭に育み育まれる職場風土づくりを行い、キャリア開発を推進しています。

 また、固定チームナーシングを取り入れ、受け持ち看護師を中心に、患者さんに継続した質の高い看護を提供できるようチーム全員でサポートしています。

 看護を通してやりがい・達成感を感じ、全ての職員が幸せに働ける職場づくりを実現したいと思っています。

 最後に今だからみなさまにどうしてもお伝えしたいことがあります。新型コロナ感染症の拡大で先の見えない非常に深刻な状況です。しかし、こうした中においても、使命感を持って最前線で懸命にケアを行っている医師・看護師、それをバックヤードで支える人たち、職員全員が一丸となってこの危機を乗り越えようと力を合わせて頑張っています。その姿に感謝するとともに感動しています。いかなる状況下でも人間のいのちと健康、尊厳をまもるために力を合わせること、それは赤十字の誇りです。みなさまが赤十字の一員として、一緒に働いていただけますことを心よりお待ちしています。

看護部長
認定看護管理者
髙野 洋子