脳神経外科

研修期間

神経内科ローテート時に脳神経外科もあわせて研修する

研修責任者

樋口 一志

一般目標

神経疾患全般にわたり診断、検査、治療についての基本的な知識を取得するとともに、診察所見から適切な診療計画が立てられる。

行動目標

脳血管障害、頭部外傷、脳腫瘍など脳神経外科に入院した患者の疾患について学習し、スタッフの一員として診療をおこなう。

研修内容

  1. 病歴聴取、神経学的診察方法および診断、検査手技を取得する。
  2. CT、MR、RI、脳血管撮影等の画像診断に習熟する。
  3. 脳神経外科疾患の手術適応を理解する。
  4. 無菌操作、消毒、縫合処置など外科的基本手技を習得する。
  5. 手術に助手として参加し穿頭、開頭、閉頭手技を研修する。
  6. 上級医とともに周術期管理をおこなう。