小児科

研修期間

1ヶ月

研修責任者

成宮 正朗

一般目標

小児科および小児科医の役割を理解し、小児医療を適切に行うために必要なより実践的な知識・技能・態度を修得する。保護者から正しい病歴を、患児から症状、所見を正確に捉えることができ、それをもとに正しい診断、治療法の選択ができるようになる。

行動目標

Ⅰ.患者医師関係、チーム医療

  1. 病児を全人的に理解し、病児・家族と良好な人間関係を確立する。
  2. 医師、病児・家族がともに納得できる医療を行うための話し合いができる。
  3. 医師、看護師、薬剤師、検査技師など、医療の遂行に拘わる医療チームの構成員としての役割を理解し、他職員と協調し、医療・福祉などに配慮した全人的な医療を実施することができる。

Ⅱ. 診療

  1. 保護者から、主訴、既往歴、家族歴、現病歴などについて正確に聴取できる 。
  2. 小児の正常な身体発育、発達を理解し評価ができる。
  3. 小児の基本的な身体所見の把握が正確にできる。
  4. 頻度の高い熱性発疹症の鑑別ができる。
  5. 緊急性の高い疾患を鑑別し、適切な対応ができる。
  6. 小児の薬用量、輸液の基本的知識を持つ。
  7. 入院加療が必要な疾患、重症度を見分けることができる。
  8. 予防接種に対する正しい知識を持ち、保護者に対して助言ができる。
  9. 各年齢の一般的な臨床検査の正常値を知り、正しく評価できる。
  10. 一般的な疾患について正しい知識を持ち、診療計画を立てることができる。

Ⅲ. 診療

  1. 小児の採血ができる。
  2. 小児の静脈注射、点滴静注ができる。
  3. 皮下注射ができる。
  4. 胃洗浄ができる。
  5. 指導者のもとで腰椎穿刺ができる。
  6. 小児の胸部、腹部単純レントゲン写真を指示し、正しく読影できる。
  7. 小児のCT、MRIを指示しその結果を正しく読影できる。

週間スケジュール

※下記は1例であり、指導医のスケジュールにより変動があります。

午前 午後
MC 外来診療 or 病棟 乳児検診
MC 外来診療 or 病棟 心臓外来
MC 外来診療 or 病棟 神経外来・予防接種外来
MC 外来診療 or 病棟 病棟
MC 外来診療 or 病棟 乳児検診 18時~ カンファレンス

MC: モーニングカンファレンス