院内感染防止対策に関する取り組み

1.院内感染対策に関する基本的な考え方

  • 全職員が院内感染防止対策を実施し、病院の理念に則った医療が提供できるように取り組みます。

2.院内感染対策のための当院の組織

  • 病院長を委員長とする「院内感染防止対策委員会」を設置し、定期的に会議を行っています。
  • 院内感染対策活動の中枢的な役割を担うため、「感染対策チーム(ICT)」を設置しています。

3.院内感染対策のための病院職員に対する研修

  • 院内感染防止対策の基本的な考え方および具体的方策について、病院職員へ周知徹底を図るために研修会を開催しています。

4.院内感染発生時の対応

  • 院内感染発生時は、発生した部署の職員が直ちにICTに報告し、ICTはその状況を把握し、速やかに発生の原因を究明し、対応策を提案します。

5.患者さんへの情報提供と説明

  • 感染防止の基本について説明し、理解を得た上で感染防止対策の協力を求めています。

6.病院における院内感染対策推進

  • 院内感染対策推進のため「病院感染対策マニュアル」を整備しています。
  • 病院職員は、自らが院内感染源にならないために、インフルエンザなどの予防接種に積極的に参加しています。
  • 病院職員は、マスク・手袋・エプロンなどの防護具を適切に使用することや、安全装置付き器材などを使用して職業感染の防止に努めています。