救命救急センター

救命救急センターを受診される患者さんへ

  • 症状や緊急度により、診察の順番がかわることもございます。御理解の程よろしくお願いいたします。
  • 重症患者受け入れ時には、待ち時間が長くなることがございます。御理解の程よろしくお願いいたします 。
  • 初診時には軽症に見えても、時間の経過とともに進行し症状が悪化したり、症状が強くなったりする事もあります。帰宅後にそのようなことがあれば、必ず再度受診してください。
  • 応急処置を行い、後日通常の外来で診察を受けて頂くことがあります。御理解の程よろしくお願いいたします。
  • 救急受診され入院にならなかった時は、出来るだけ迅速に、通常の外来で診察を受けてください。
  • 当院はより良質な救急医療を未来にわったって提供できるよう、救急救命士や各種学生の受け入れを行っております。御理解の程よろしくお願いいたします。

第三次救急の指定

救命救急センター 1

当院の救命救急センターは、昭和58年2月県下二番目の救急施設として設置されました。

救命救急センターは、患者の症状に応じて、第一次から第三次に区別され、当院は最も重症の患者を24時間体制で治療にあたる第三次救急の指定を受けています。

概要

救命救急センター 2

湖北地域だけで無く滋賀県北部での重症者の受け入れをする施設として、昭和58年2月に設置されました。救急医療は、患者さんの症状に応じて、主として外来で対応する一次救急医療、入院を必要とする二次救急医療、生命に危険のある患者に対する三次救急医療に区別されますが、当院は最も重症の患者を時間体制で治療にあたる第三次救急の指定を受けています。なるべく迅速に対応するため、単純X-P撮影室、CT検査室や血管造影室がセンター内に併設されています。                       

救命救急センター 3

また、重症でありながら、救急車で来院されるのには時間を要する患者さんに、迅速な対応が取れるよう屋上にヘリポートを設置し活用いたしております。さらに、救急隊が1分1秒を争う救命処置に必要な指示を、医師より直接受けることが出来る体制をとっております。当センターでは、最も重症な患者さんだけでなく、軽症や中等症の患者さんの診療を行い、地域医療の中核となるよう励んでおります。軽症から重症まで、年間約39,000名の診療を行っております。

診療体制

救命救急センター 4

内科系・外科系・精神科診療が出来るよう、24時間体制で医師が待機しております。

小児科につきましては小児医療体制が崩壊しないように、湖北地域の近隣病院と協力し、夜間・休日は当番制により診療を行っております。また専門的な治療に備えて外科、脳外科、形成外科、麻酔科、循環器科、消化器内科、産婦人科等の医師が常時呼び出しに応じられるような体制をとっております。 さらに、当然のことながら看護師、薬剤師等の多職種のスタッフが常時待機し、交通事故、労働災害をはじめとする負傷者や急患の皆さんに対しても、診療にあたれるような体制をとっております。

救急外来部門

救命救急センター 5
  1. 救急処置室と診察室を明確に区分致しました。
  2. 点滴室を設けてベッド数を増やしました。
  3. 救急処置室と直結した放射線撮影室(CTスキャン、血管造影、一般撮影)を設置致しました。
  4. 救急事務室と医事課を隣接直結し、事務処理(カルテ管理、受付等)を改善致しました。
  5. 平成13年12月より処方のオーダリングシステムが救命センターでも開始しとなり、薬の搬送がエアーシューターにより受付窓口で行われ薬渡しが迅速になりました。
  6. 一般者との導線を分離致しました。

救急入院病棟(3東病棟)

  1. 救急入院病棟が救急外来の3階に位置し、導線を単純(上下移動)にし距離を短縮致しました。
  2. 同一フロア-に手術室、リカバリールームを配置して包括した救急医療が可能となりました。

その他

  1. 救急病棟に隣接して救急医当直室、MEセンターを設置致しました。
  2. 救急外来、救急病棟、屋上ヘリポートが同一建物内の上下直線上で結びました。
ヘリポートから見る伊吹山
ヘリポートから見る伊吹山

トピックス