リハビリ

重度外傷の方や当院での手術後の方を対象としています。理学療法士、作業療法士、言語聴覚療法士が常勤で在籍し、急性期から即日の介入が可能です。

また、一定期間の入院リハビリを行うことで初期治療と一貫したリハビリや、執刀医が自ら日々診察しリハビリプログラムに反映することを可能にしています。術後すぐに転院しなければならない都市部の救命救急センターや人工関節センターなどとは異なり、術前から信頼関係を築き上げてきたスタッフとともにリハビリに励むことができます。

さらに長期のリハビリが必要な場合は適切なリハビリ施設に転院できるよう手配しています。

誠に申し訳ありませんが、急性期医療をより充実させるため状態の安定した方のリハビリのためだけの入院、転院や通院は原則としてお受け致しておりません。