頭部打撲

頭部打撲レントゲン

頭をぶつけた、どこかから落ちた・・・・。といった経験は多くの方がお持ちと思います。軽微な外傷の場合には大多数は心配がいりませんが、頭蓋骨骨折や急性硬膜外血腫(頭蓋骨と脳を保護している硬膜の間に血液が貯留して脳を圧排する)、急性硬膜下血腫(硬膜の下に血液が貯留する。一般に硬膜外血腫より脳に対する影響は強い)、脳挫傷など入院加療や場合によっては手術を必要とする場合があります。

また、特にご高齢の方に多くみられますが、軽度の頭部打撲後、1から2ヶ月経ってから呆けたようになったり、手足が動かしにくいといった症状がみられる場合があります。これは慢性硬膜下血腫という状態で、局所麻酔の比較的簡単な手術で多くの場合、症状が劇的に改善します。ご高齢のご家族がおられる方で、『急に呆けてきた。年のせいかな?』と考えておられるかたは一度、当科にご相談下さい。