9西病棟

落ち着いた雰囲気のストレスケア病室
落ち着いた雰囲気のストレスケア病室

9西病棟は精神科回復期病棟として「うつ」「統合失調症」「気分障害」等の患者さんの社会復帰支援や、病棟スタッフによる精神科訪問看護をおこない、入院中から退院後まで継続した関わりを続け、地域と協力して生活支援をしています。

また、会社や家庭などで受けたストレスを一時的に避難する形で緩和させる休息入院を行い、静で落ち着ける環境を配慮し、心が疲れた方々に『癒しの場』を提供しています。精神科といえば、暗く異質なイメージを抱かれる方が多いかも知れませんが、明るく落ち着いた雰囲気の病棟です。

患者さんの社会復帰に向けての関わりとしては、『SST(生活機能訓練)』を活用したお薬と正しく付き合う方法を学ぶ会の開催や『クライシスプラン(症状に対しての自己対処法を考える)』を看護師と作成し状態安定維持を考えます。

その他、レクレーション療法や日々の関わりを通して、患者さんが笑顔で社会に、家庭に、職場に帰れる日を目指して頑張っています。