7西病棟

7西病棟

7西病棟は15歳未満のお子さんが入院する小児病棟(38床)とNICU(9床)・GCU(12床)が併設されています。

小児病棟は主に急性期疾患を中心に入院治療をしています。手術目的で入院されるお子さんもおられます。採血や点滴、処置などを頑張るお部屋(処置室)は、キャラクターで飾り付けがあり、処置中は自分の好きなDVDが見られます。プレイルームは広く温かい雰囲気で、年齢に合わせた絵本やおもちゃを揃えています。主治医の許可があるお子さんが遊ぶことができます。

当院は、地域周産期母子医療センターの指定を受けており、産科と小児科が常に連携しながら周産期ケアを行っています。早産児・低出生体重児・病気をもって生まれてきた赤ちゃんを24時間体制で管理し、湖北および湖東地域からの赤ちゃんの救急搬送も24時間体制で対応しています。

NICUでは、早く生まれた赤ちゃんの成長発達を助けるために体内にできるだけ近い環境を整え、赤ちゃんにやさしい環境や処置の仕方を工夫したディベロップメンタルケアを実践しています。治療を受けている赤ちゃんやご家族に寄り添いながら、やさしい看護を目指しています。

NICUでは高度な集中治療を行うと同時に、母子分離を余儀なくされているお母様やご家族一人一人に寄り添い、赤ちゃんと家族を中心としたケアができるように心がけています。赤ちゃんの症状や発達段階に応じてご家族が効果的に関われるように、カンガルーケア・母乳育児・退院指導・母児同室などご両親の育児参加のサポートを行っています。また、両親の元から離れて頑張っている赤ちゃんの様子を「ゆりかご日誌」を通して伝えています。

退院後も安心した生活が過ごせるように看護師が中心となり、個々に合わせた育児指導を行い、退院後の生活についても気になることがあれば、24時間電話で相談に応じています。また、外来看護師や地域の保健師と連携をとりサポートさせていただきます。

NICU・GCU
プレイルーム
処置室